子供ひげ脱毛

子供の無駄毛処理方法、適した方法を選びましょう

ムダ毛の悩みを考える際にポイントになるのは、
「どこがどれだけ気になるのか?」だと思います。

 

たとえば、鼻の下の産毛だけが気になるのか?
たとえば、学校の体育の授業などで露出する部分も気になるのか?
髪をまとめた時うなじが気になる、という悩みもあるでしょう。

 

子供のムダ毛の処理方法も、部位や範囲によって一番適した脱毛方法も違ってきます。
まずは、お子さんがどの程度ひげで悩んでいるのかを尋ねてみてくださいね。

 

お父さんお母さんが、自分の味方だと実感できれば、それだけで子供は安心します。
子供の気持ちを先取りしないで、じっくりと話を聞いてあげてくださいね♪

成長期の子供にも対応した脱毛商品、脱毛サービスをチェックしましょう

ひとくちに「脱毛」といっても、様々な方法があります。
そして、それぞれに対応した脱毛ケア商品も沢山販売されていますよね。

脱色する方法 ⇒詳細ページへ

「脱毛」ではないけれど、
オキシドールとかブリーチ剤などで、ムダ毛の色を抜いて目立たなくします。
剃ったりすることに抵抗があれば、ブリーチはまだ安心かもしれませんね。
私の場合、腕のムダ毛はこの方法でやってました。

除毛する方法

除毛とは、その字の通り「ムダ毛を取り除く」方法。
これは、表面から見えなくするだけの方法なので、またすぐに生えてきます。

 

しかし、とりあえずしばらくの期間は目立たなくなるし、簡単で安価なので、
誰もがみな、一番最初にやってみる脱毛方法かもしれませんね。
そのやり方もいろいろです。

シェーバーで剃る ⇒詳細ページへ

これがとても多いと思います。
私も、ほとんどこの方法でやってました。

除毛クリームを塗る ⇒詳細ページへ

カミソリで剃るよりも、肌への負担は軽いかもしれませんね。
今では、良質の除毛クリームや除毛ローションなど数多く売られていますしね。

ムダ毛をこすり落とす ⇒詳細ページへ

簡単脱毛グッズとして、円を描くようにしてムダ毛をこすりながらなくしていくものもあります。
毛をこすりながら、切り落とす、という感じですね。

根元から脱毛(抑毛)する方法

毛抜きで抜く

さしあたって、気になる部分のムダ毛だけ抜いたりしますよね。
私の場合、鼻の下のちょっと気になる部分は、毛抜きで抜いちゃってます。。。

脱毛ワックス・ジェル ⇒詳細ページへ

これは、一気に広範囲のムダ毛の処理ができます。
痛みが伴うので、子供の肌には、ちょっと・・・刺激が強すぎるかもしれませんね。。。

エステサロンで脱毛

肌にやさしい光を当てて、ムダ毛を抑える脱毛方法を行っているエステは数多くあります。
今は、子供のムダ毛にも対応しているエステサロンもあるくらいですからね。

 

敏感肌専用の脱毛法「ハイパースキン法」で安心です♪

 

未成年でも、親の同意書があればたいていのエステで脱毛は出来るようです。
また、どのエステサロンも、たいてい無料でカウンセリングしています。
とりあえず気になる脱毛サロンの無料カウンセリングに行ってみて、いろいろ相談してみるといいですよ。

家庭用脱毛器で脱毛 ⇒詳細はこちらです

自宅に居ながらにして、エステで脱毛しているのと同じくらいの働きをしてくれる脱毛器もいろいろあります。
私は、「ケノン」でセルフ脱毛した経験あります。
脱毛パワーが調整できるので、子供の脱毛も出来ると思いますよ。
ケノンは、家族みんなで使えるのでそこも魅力ですね。

 

⇒人知れず自宅でエステ脱毛するなら「ケノン」♪

子どもの毛深い悩み、どれだけ分かってあげられてますか?

これを今読んでいるお母さんやお父さんの中で、
「自分自身も子供時代に毛深いことで悩んでいた」という人はどれだけいるでしょうか?

 

親自身も、同じことで悩んでいれば、
子供本人の毛深い悩みの辛さというのは、よく理解できると思います。

 

しかし、そうでない場合。
あなたの想像以上に、お子さんはムダ毛のことで悩んでいるのだと思いやってくださいね。

 

「周りは、あなたが思っているほど気にしてないよ!」

 

「見た目よりも、中身が大事だよ!」

 

確かにそうかもしれません。

 

でも、実際に今、ムダ毛を気にしている小学生、中学生、高校生にとっては、
とにかく、この毛深い状態をなんとかしたい!という気持ちの方が大きいはずです。

私も、ムダ毛に悩んだ子供でした

私自身、毛深い体質で、子供の頃からそれをずっと気にして大きくなりました。
学校では、いじめられたりすることはありませんでしたが、
体育の時間など、手足を露出しなければならない時は、やっぱり嫌でしたね。

 

今現在の私は、脱毛サロンで全身脱毛とまではいきませんが、
気になる部位の脱毛を済ませているので、とても開放的な気分です。

私達、親がしてあげられること。。。

大人にとっては、やり過ごせるようなことでも、
子供にとっては、とても大きな悩みになるのだということを、
しっかりと分かってあげられることが、大切だと思います。

 

やっぱり、憂鬱だと思いますよー。

もしも、お子さんが、恥ずかしさから、毛深い悩みをなかなか打ち明けられないようだったら、
お母さん自身が、脱毛関連の商品やサービスに関心があるポーズをしてみたらどうでしょう?

 

もちろん、ポーズだけじゃなく、
お子さんと一緒に脱毛グッズを試してみるような流れに持っていくとか。
お母さんも、一緒にキレイになれれば、嬉しいことですしね。

少しでもウブ毛の濃さが薄くなったり減ったりすれば、見た目もグッと違ってきます。

 

そうなると、子供の気持ちも明るくなるし、
学校生活も、きっとずっと楽しく過ごせるようになりますよ。